京都の国立大学法人への転職について

京都の国立大学法人への転職について

京都には、全国的に著名な国立大学法人があります。

その京都の国立大学法人への転職について紹介します。

転職の職種としては、教官・助教・教員・検査部・事務・研究部門・人間科学研究所・学務部・総務および人事、などがあります。

社員による評価は、5点満点中3点と普通の評価です。

内容については、法令を順守する意識が3.7点と一番高く、続いて、社員の士気、若手の成長環境、風通しの良さ、人事評価の適正感、社員の相互尊重、待遇面の満足度、人材の長期育成、の順となっています。

求職者の一番の関心ごとの自身の成長やキャリアの開発については、大学法人の性格上、職種内に限定された人との関係だけでなく、他の職種や他の学部との人との接する機会が多いために、いろいろな人との付き合い方については、自分にとって糧になります。

しかしながら、キャリアの開発については、ルーチーンの仕事自体は、毎年、変わるわけではないので、仕事をこなすだけではキャリアをつけることはできませんが、その分、自分で勉強していくという姿勢を持ち続けることで、マイペースでキャリアを積むことができるとしています。

京都の私立大学への転職について

京都には、歴史のある私立大学から、新しく設立された私立大学まで多くの大学があり、他大学や一般企業からの転職を受け付けています。

京都での転職を成功させる技

大学も、少子化の波を受け、従来からの考え方から、広く社会に溶け込んでいく大学としての変革を迫られていく中で、様々な職種の転職者を受け入れようとしています。

しかも、大学本来の建学精神や学ぶ・研究する・社会に活かすといった考え方を持って、日本だけでなく世界に通用する人材を求めています。

職員の募集する業務内容としては、教育・研究への支援および学生へのサポート、大学を紹介するための種々のイベントの企画立案および運営、学生募集活動および入学試験の運営、学校法人自体の運営業務としての財務・経理・総務・人事・経営計画・施設の運営管理・情報管理および同窓会や保護者会の運営に対する支援、海外との研究機関との交流・海外留学生の受け入れ支援・海外への展開に関係する企画立案、京都府内および全国規模の企業や団体との連携プロジェクトの推進などです。

Comments are closed.